查法規
印刷する友達に送る
認定製品項目&基準
013-ニット
2014年9月26日 工知字第10300839661号公告
一、 認定解禁製品項目:

18ゲージ以下のニットのプルオーバー、カーディガン、ストール、マント、洋服、ベスト及び類似品等の製品。

二、 台湾製原産地認定特殊条件:

毛衣產品從編織、縫合及整燙等作業均在台灣完成。

三、 製品品質検査基準:

(一)安全性基準

1、遊離ホルムアルデヒドの制限量:試験方法はCNS 15580-1の規定に基づく。品質はCNS 14940 L1029の規定(参考標準ISO 14184-1-1998)を満たさなければならない。乳幼児用紡織製品の遊離ホルムアルデヒド制限量は20ppm以下。直接皮膚に接触する紡織製品の遊離ホルムアルデヒド制限量は75ppm以下。

2、使用禁止のアゾ染料:CNS 15290 L1036「紡織製品安全規範」の使用禁止のアゾ染料を使用していない証明書類を添付しなければならない。(関連標準EN 14362-1:2003)

(二)性能性基準

1、染色堅牢度:商品表示の洗浄法に基づき、以下の方法から一つ選択して検査を行う。

  (1) ドライクリーニング染色堅牢度:試験方法はCNS 1494 L3027 6.3 C-1法の規定に基づく(対応する国際標準ISO 105-C06:1994)。変退色3-4級以上及び汚染3-4級以上

  (2)ドライクリーニング染色堅牢度:試験方法はCNS 8434 L3155 8.2 B法の規定に基づく(対応する国際標準ISO 105-D01:1993)。変退色3-4級以上及び汚染3-4級以上。

2、収縮率:商品表示の洗浄法に基づき、以下の方法から一つ選択して検査を行う。

  (1)洗濯収縮率:試験方法はCNS 13752 L3243 6.30 A法(常温水浸漬法)或いはG法(家庭用洗濯機洗浄法)の規定に基づく(対応する国際標準ISO 6330-1984)。純羊毛材質の収縮率±8%以内、その他の材質の収縮率±5%以内。

  (2)ドライクリーニング収縮率:試験方法はCNS 13752 L3243 6.30 E-1法(工業ガソリン法)の規定に基づく(対応する国際標準ISO 6330-1984)。収縮率±3%以内。

(三) 商品表示検査基準:申認定申請する製品の商品表示は「商品表示法-服飾表示基準」の規定を満たしていなければならない。

四、 製品モデル認定原則:

認定を申請する製品モデルが複数ある場合、認定原則は以下の通りである。同材質、同色、同系列の異なるモデルのニット製品は単一の製品として検査を行うことができる。その残りの同系列の異なるモデルの製品についてはモデル表及び写真を添付し認定基準とする。

五、 提出が必要な検査サンプル数量:

無償でサンプル1組を提供し、製品品質検査に使用する。また検査の必要に応じてサンプル数量を追加する。

ファイル:
ファイル名 サイズ フォーマット 更新しました ダウンロード
臺灣製MIT微笑產品驗證制度第一類產品毛衣產業開放驗證產品項目及驗證基準169Kpdf2015-01-20下載
top