查法規
印刷する友達に送る
認定製品項目&基準
023-木と竹製品
2014年9月26日 工知字第10300839661号公告
一、 認定解禁製品項目:

(一)製材品、壁板、紐条、幅木等の製材類。

(二)保存処理した木竹材(防虫、防腐処理木竹材、難燃処理木竹材) 。

(三)熱処理材。

(四)木製防火扉類。

(五)木製ドア、木製窓、木・竹製カーテン、木・竹製ルーバー、安全柵、木製容器。

(六)合板(普通合板、特殊合板、防虫、防腐或いは難燃処理合板)。

(七)LVL及び構造用LVL。

(八)構造用及び造作用集成材。

(九)木製床板(縁甲板、フロアタイル及びモザイクフロアタイル、合成木製フローリング)

(十)パーティクルボード(再生木質ボードを含む)。

(十一)ファイバーボード等の関連製品。

(十二)その他の木と竹製品注1行政院主計所が編纂した中華民国産業標準分類第8回修正版の1401から1404までの細分類以外の木と竹製品に属するもの。木製ハンガー、木製彫刻品、木製食器、木製額縁、ガラスのはまった木製額縁等。

注1:その他の木と竹製品は以下の物を含まない。

1、紡織材で製造したクッションは細分類1151「紡織製品製造業」に分類される。

2、木靴は細分類1302「靴類製造業」に分類される。

3、トランクケースは細分類1303「トランク及び手提げ袋製造業」に分類される。

4、マッチは細分類1990「その他の化学製品製造業」に分類される。

5、家具は中分類32「家具製造業」に分類される。

6、木製玩具は細分類3312「玩具製造業」に分類される。

7、ブラシ、ほうき及び棺は細分類3399「その他の未分類製造業」に分類される。

二、

台湾製原産地認定特殊条件

(一)製材品、壁板、紐条、 幅木等の製材類:原木の玉切り、木取り或いは板材の木取り、鋸加工、乾燥、平削り、トリミング、用途選別(目視での選別或いは機械での選別)等の全製造工程を台湾国内で完成する。

(二)保存処理した木竹材:

1.防虫、防腐処理木竹材:木と竹製品の乾燥は含水率30%以内で(但しホウ素化合物処理材は原材料の含水率でよい)、環境に配慮した防虫、防腐剤を使用し、CNS3000標準に基づき全製造工程を台湾国内で完成する。

2.難燃処理木竹材:木と竹製品の乾燥は含水率30%以内で、難燃剤を使用し、CNS3000標準に基づき全製造工程を台湾国内で完成する。

(三)熱処理材:木と竹製品が熱処理炉で熱処理される全製造工程を台湾国内で完成する。

(四)木製防火扉類:CNS11227に基づく建築用防火扉の耐火試験に合格し、その原料の加工、難燃処理、選別、組み立て、仕上げ等の全製造工程を台湾国内で完成する。

(五)木製ドア、木製窓、木・竹製カーテン、木・竹製ルーバー、安全柵、木製容器:半製品の輸入後の後加工、組み立て(つや出し、研磨、塗装等を含む)の全製造工程を台湾国内で完成する。

(六)合板:

  1、普普通合板(素面合板及びランバーコア合板等を含む):単板合わせ、調整、接着剤、冷間プレス、ホットプレス、カット及び研磨等の全製造工程を台湾国内で完成する。

  2、特殊合板:

   (1)木質化粧張り合板(化粧合板):化粧板加工、基材選別、接着剤、冷間プレス或いはホットプレス、カット及び研磨等の全製造工程を台湾国内で完成する。

   (2)PVCコーティング合板の全製造工程を台湾国内で完成する。

   (3)不飽和ポリエステル塗料使用合板:塗膜方法或いは塗布方法の全製造工程を台湾国内で完成する。。

   (4)シール及び印刷合板の全製造工程を台湾国内で完成する。

   (5)メラミン含浸シール合板の全製造工程を台湾国内で完成する。

  3、防虫、防腐或いは難燃処理合板:普通合板或いは特殊合板で製品に防虫、防腐或いは難燃処理を表示している場合、その防虫、防腐或いは難燃処理の全製造工程を台湾国内で完成する。

(七)LVL及び構造用LVL:単板合わせ、調整、接着剤、冷間プレス、ホットプレス、カット及び研磨等の全製造工程を台湾国内で完成する。(製品に防虫、防腐或いは難燃処理を表示している場合、その防虫、防腐或いは難燃処理の全製造工程を台湾国内で完成する。)

(八)構造用及び造作用集成材:化粧張り材料加工、集成材、乾燥、継手、研磨、接着剤、冷間プレス、ホットプレス、カット等の全製造工程を台湾国内で完成する。

(九)木製床板:

  1、縁甲板:木或いは竹の製材、乾燥、さねはぎ加工、研磨、カット、塗装等の全製造工程を台湾国内で完成する。

  2、フロアタイル及びモザイクフロアタイル:木或いは竹の製材、乾燥、カット、研磨、塗装、貼り付け等の全製造工程を台湾国内で完成する。

  3、合成木製フローリング:表面材加工(木竹材)、乾燥、基材選別、接着剤(防虫剤添加)、化粧張り加工、冷間プレス、ホットプレス、カット、さねはぎ加工、研磨、塗装等の全製造工程を台湾国内で完成する。

製品に防虫、防腐或いは難燃処理を表示している場合、その防虫、防腐或いは難燃処理の全製造工程を台湾国内で完成する。

(十)パーティクルボード:

  1、一般パーティクルボード:木材チップ加工、チッピング、乾燥、スプレー接着剤、成型、ホットプレス、カット、研磨等の全製造工程を台湾国内で完成する。

  2、再生パーティクルボード(木材とプラスチック材の合成材を含む):木材チップのリサイクル加工、チッピング、乾燥、スプレー接着剤、成型、ホットプレス、カット、研磨等の全製造工程を台湾国内で完成する。

  3、化粧張りパーティクルボード:化粧板材料加工、乾燥、基板の接着、冷間プレス、ホットプレス、カット、研磨等の全製造工程を台湾国内で完成する。

(十一)ファイバーボード:化粧板材料加工、乾燥、基板選別、接着剤、冷間プレス、ホットプレス、カット、研磨等の全製造工程を台湾国内で完成する。

(十二)その他の木と竹製品:重要な製造工程を台湾国内で完成する。

三、 製品品質検査基準:

(一)安全性基準

1、申請者は1年以内で生産工場が環境保護に関する罰則を受けていない証明書類を添付する。

2、木と竹製品は全てCNS国家標準F2のホルムアルデヒド放散量(平均値0.5 mg/L以下、最大値0.7 mg/L以下)の規定を満たすこと。

(二)性能性基準

各種木と竹製品の品質と検査方法は当該製品のCNS国家標準の表1「木と竹製品の品質と性能評価基準表」の規定を満たすこと。以下のものを性能証明書類とする。

1、政府部門が認定した有効期限内の性能証明書類。

2、MITスマイルロゴに添付する国家標準規定製品性能の検査報告書。

3、中央政府或いは財団法人全国認定基金会(TAF)が認定した機構が発行する国家標準に符合する報告書。

4、上記以外の機関(機構)が認定或いは認可する特殊試験項目で、本推進チームが認可した検査機構が発行する検査報告書。

(三) 商品表示検査基準:認定申請する製品の商品表示は「商品表示法-商品表示基準」の規定を満たしていなければならない。

四、 製品モデル認定原則:

認定を申請する製品モデルが複数ある場合、同系列の異なるモデルの木と竹製品を単一の製品として検査を行うことができる。その残りの同系列の異なるモデルの製品については同系列製品表及び写真を添付し認定基準とする。

五、 提出が必要な検査サンプル数量:

事業者は製品の認定申請或いは延長申請を提出時、製品品質検査に使用するため、無償でサンプルを1組提供する。

ファイル:
ファイル名 サイズ フォーマット 更新しました ダウンロード
臺灣製MIT微笑產品驗證制度第一類產品木竹製品產業開放驗證產品項目及驗證基準232Kpdf2015-01-20下載
top