查法規
印刷する友達に送る
認定製品項目&基準
016-寝具
2014年9月26日 工知字第10300839661号公告
一、 認定解禁製品項目:

布団、ベッドカバー、シーツ、布団カバー、枕カバー、抱き枕カバー、ベッドスカート、ベッドスロー、寝袋、毛布、蚊帳、中綿及び詰め物等のその他の紡織製寝具類製品。

二、 台湾製原産地認定特殊条件:

寝具製品の染色仕上げ(プリントを含む)、布団製造から織り及び包装等の作業工程までを台湾国内で完成する。

三、 製品品質検査基準:

(一)安全性基準

1、遊離ホルムアルデヒドの制限量: CNS 15580-1の規定に基づく。品質はCNS 14940 L1029の規定(参考標準ISO 14184-1-1998)を満たさなければならない。乳幼児用紡織製品の遊離ホルムアルデヒド制限量は20ppm以下。直接皮膚に接触する紡織製品の遊離ホルムアルデヒド制限量は75ppm以下。

2、使用禁止のアゾ染料:CNS 15290 L1036「紡織製品安全規範」の使用禁止のアゾ染料を使用していない証明書類を添付しなければならない。

(二)性能性基準

1、幅:CNS12915:L3233の規範に基づく管理標準値(+0%~+5%)。

2、長さ:CNS12915:L3233の規範に基づく管理標準値(+0%~+5%)。

3、洗濯収縮:CNS8038:L3138-1983の規範に基づき、非光沢材の管理標準値(±3%)と光沢材の管理基準値(±4%)を合格とする。綿入り掛け布団の芯、枕の芯、クッションの芯は除く。

4、摩擦染色堅牢度(乾燥式摩擦):CNS 1499:L3032-1998 の規範に基づき、4級以上で合格とする。

5、洗濯染色堅牢度(変退色及び汚染):CNS 1494 の規範に基づき、4級以上で合格とする。

6、ピリング:CNS8040:L3140-2003の規範に基づき、綿紡織品は3級以上、ポリエステル/綿紡織品は2-3級以上で合格とする。毛羽立ち加工紡織品は含まない。

(三) 商品表示検査基準:申認定申請する製品の商品表示は「商品表示法-織物製品表示基準」の規定を満たしていなければならない。

1、国内生産者は、製造メーカー名、電話番号及び住所を表示しなければならない。

2、寸法或いはサイズ。

3、国別生産(製品の主要な製造工程を行う国)。

4、 繊維組織。

5、洗浄とアイロン処理方法。

四、 製品モデル認定原則:

認定を申請する製品モデルが複数ある場合、認定原則は以下の通りである。製造工程の変更、使用材料の変更、使用配合の変更。同材質、同色、同系列の異なるモデルの製品は単一の製品として検査を行うことができる。

五、 提出が必要な検査サンプル数量:

事業者は製品の認定申請或いは延長申請を提出時、製品品質検査に使用するため、無償でサンプルを2組提供する。

 

ファイル:
ファイル名 サイズ フォーマット 更新しました ダウンロード
臺灣製MIT微笑產品驗證制度第一類產品寢具產業開放驗證產品項目及驗證基準171Kpdf2015-01-20下載
top